一藤二貴三MotoGP

MotoGPを知ってもらいたいというブログです。 リンクフリーです。

決勝第17戦マレーシアGP 2007MotoGP



マレーシアGP決勝です。
3連続PPのダニ、結果が欲しいところ。



グリッドの様子です。

傘持ちの男性が見つめています。  嫁の雰囲気が変わった?  この位置がいいんだよね

俺の体を見てくれ          遠慮します            スマイル

熱い・・・               タオルは貸さないよ        ウーチョぉ疲れた

ギャルはカメラ目線         考え中                ぼー(放心中)

決勝スタート


ホールショットはストーナー。
またストーナーが優勝かぁ。ダニ見所を作って。


10位から追い上げてきたロッシが5周目にウエストをパス。
ウエストふらつき、ロッシの洗礼を受けます。
調子を崩してエリアスにも抜かれます。


ウエストにはさらに悲劇が。
スタート位置間違いのペナルティ。
ピット通過で5位から最下位へ。


ウエストは5位なので2列目の真ん中です。
他の列を縦にみればわかりますが通常交互になっています。
ウエストはストーナーの真後ろです。
エリアスの邪魔になっています。
おそらく2列目に慣れてないのとストーナーが最後にグリッドに
つくのでわかりにくかったのでしょう。


ストーナー、ダニ、マルコ、ドゥプニエでトップ4を形成。
ドゥプニエが意外に検討。
この後はマルコがダニを抜くだけで、他には大きな動きはありません。


エリアスを交わそうとコーナーでしかけたニッキー。
しかし曲がりきれずコースアウト。


バトルはなく間隔をあけて各ライダーがゴール。


2位のマルコは背中からのストローが外れて邪魔だったはず。
ストローがパタパタ顔や体に当たっています。


4位のドゥプニエはマシンを止めて歩いています。
リタイアかと思いました。


またしてもストーナー優勝でキス回数更新。


表彰台の裏側。
ダニが遅れてきてストーナーとマルコが待っていました。

1位ストーナー
2位マルコ
3位ダニ
4位ドゥプニエ
5位ロッシ
リタイア無しの20台完走。

ウエストがペナルティにより最下位から15位まで挽回。
スポット参戦の青木選手が13位。
それよりも遅い16位中野王子、18位玉やんは大丈夫でしょうか。
中野王子は来期グレッシーニかと思いきや、グレッシーニが
ビアッジとコンタクトとってます。

特にこれといった見所はない淡々としたレースでした。

<見所追記>
Tommi-TAGさんのコメントを受けて
カワサキギャルをmotogp.comで調べました。

たしかにケバ・・・インパクトが強いですね。真ん中はパドックでご機嫌カメラ対応。
右は私服のときです。ご機嫌ななめ?

他のチームのギャルもアイシャドーがかなり濃く、お国柄かもしれませんね。

コメント

決勝第17戦マレーシアGP 2007MotoGP

今回の最大の見所は、ウエストのグリッドガール(ウーマン?)でしょうか(^^;)
なんというか、ケバい感じで、インパクトが強かったですね(笑)

そのウエストは、なんとスタート位置のミス!
今まで、他のカテゴリーでも、同じようなミスを数回見かけたことがありますが、ウエストにとっては、今年は学習と経験の年ですね。本番は来シーズンです。頑張ってほしいと思います。

レース後のインタビューの通訳によると、マルコは、ドリンクの水が、バイザーに入ってきてしまって邪魔なので、自分でチューブをはずしたそうです。解説の宮城さんも「水を飲みたいのに飲めないのは、ライダーとしても辛いでしょう」と解説されていて、私も、てっきりそう思っていたのですが、そこはさすがマルコ、発想が違いますね(笑)
今回は、来季のドゥカティ・コンビがワン・ツーでしたが、来季のチームメイト・バトルがどうなるのか、本当に楽しみです。

ストーナーのレース後のインタビューの第一声にやられました。通訳さんによると、「今回は、自分との戦いだった」そうです。つまり、他のライダーは、もはや敵ではないということですね〜、恐れ入りました(^^)
ダニは、マルコとばかり話していて、ストーナーとダニは、ほとんどコンタクトをとっていませんでした。やはり、お互いにライバル意識が強いのでしょうか。
余談ですが、ストーナーの奥様は、まだ十代、つまり「ティーン・エイジャー」らしいですね。はじめて知ったのですが、これにも、たまげました。

いずれにしても、今回のレースは、観ていて途中で眠ってしまいました(^^)
中野王子のグレッシーニ説も消えつつあるのですか〜。今日のレースも厳しかったですね。
ビアッジの MotoGP 復帰も、SBK で芳賀選手の邪魔をする人間が一人いなくなる点では嬉しいのですが、MotoGP 復帰というのも、また何らかの災いが起こりそうですね(^^;)
玉やんは、SBK から複数のオファーが来ているらしいです。その意味では、なんとなく安心してます。
あとロッシは、来季、BS を使うことがほぼ決まったという話を聞きました。今回の予選後も、ミシェランのスタッフと口をきかずに、奥に行ってしまったらしいですね。表彰台には上がれませんでしたが、レースになると、きちんとまとめてくるあたりは、さすがロッシという感じですね。来シーズンは、バトルが戻ってきてくれることを願っています☆

Tommi-TAG さんへ

カワサキギャルを調べてしまいました。(笑

スタート位置のミス。こういうことってあるのですね。
何箇所か線があって紛らわしいですが。

マルコはコメントでドリンクがどうとは英語で言っていましたが、
何かハンデがあるとマルコは調子いいのかもしれません。
ドカティはホンダから有力なライダーを引っ張りますね。

ストーナーはどうも英語でも意味がわかりにくいのですが、
そんなことを言っていたのですか。
ダニとストーナーはあまり話をしてなさそうですが、予選、レース後では
お互い歩み寄って敬意を払ってるように見えます。難しい関係です。
ストーナーはホッパーと仲良さそうです。
ストーナー嫁は何かで見て驚いたのですが18歳だそうですよね。

>いずれにしても、今回のレースは、観ていて途中で眠ってしまいました(^^)
私も同じく意識が薄れていました。

ビアッジの芳賀選手への追突がなければ芳賀優勝もありえたのでビアッジには
やれやれですが、ビアッジのようなキャラはMotoGPで活かされそうなので
復帰して欲しいと思いつつも、グレッシーニは遠慮して欲しいとも思います。
玉やんは最近やたらとカメラに明るく振りまきますね。

ドルナがからんでヤマハはロッシだけBSとかで、何か雲行きが怪しいです。
ミシェランが足を引っ張っているのもありますが、レプソルのマシン戦闘力が
上がっていることからもヤマハの開発の遅れがロッシの足を引っ張る
最大の要因に感じます。

2006年は接戦で面白かったので2006年のルールに戻したほうが
いいのかもしれません。間をとって排気量990ccでタイヤ規制するとか。

貴藤さんへ

いやぁ〜、カワサキ・ウーマンの写真のアップ、ありがとうございました(^^)b

私も、VTR でもう一度見てみたのですが、意外と(?)若くて綺麗な方ですね〜。
存在感があって、なんとなく、チャーリーズ・エンジェルとかに出てきたら、ピッタリはまりそうです。
カワサキ・ウーマンにしておくのは、もったいないですね(^^;)

そのカワサキ・ウーマンの横で、わざわざTVに映るために、ただ突っ立っている大橋社長と、ニヤけるウエスト、その三者の 「 絵 」 が面白くて、一人でウケてました(^^)

最近、気が付いたのですが、カワサキ・ギャルを語る上で欠かすことができなキーワードは、
「 エロさ 」 と 「 ちょいワル 」(笑)ではないかと思いました。
その両者が絶妙に融合しているのが、カワサキ・ギャルなのではないかと・・・
その点、今年の日本GP のカワサキ・ギャルは、どちらの要素も欠けていたので、ダメでしたね〜。

来年は、ホッパーが来ますので、並みのカワサキ・ギャルでは通用しないでしょう。
どこまで過激さが増すか、そちらも楽しみですね〜(笑)☆

Tommi-TAG さんへ

社長との3ショットはいい感じです。
社長も最近好調のドじゃなくウエストにつくのですね。

カワサキのイメージはちょいワルですね。ギャルはエロさを加えていますね。
日本では中途半端になっていました。

来年はホッパーも納得できるカワサキギャルはいろんな意味で期待です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://takafujimotogp.dtiblog.com/tb.php/395-e4af9c60

 | HOME | 

カウンター



カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近のエントリー


最近のコメント


リンク


プロフィール

貴藤

Author:貴藤
貴藤です。
今後ともよろしくお願いします


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンク


PoweredBy

Powered By DTIブログ


DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

HRC



情報元リンク

motogp.com
スカパー
MotoGPをメジャーにしたい
イタたわGP
トーチュー
OCNスポーツ

motorsport.com
CRASH.net
twowheels

メーカーHP
ホンダ
ヤマハ
ドカティ
ブリヂストン

HONDA(海外)
YAMAHA(海外)
Ducati(海外)

MotoGPコーナー休止中
カワサキ
スズキ

チームHP
REPSOL
Rizla
グレッシーニ
LCR
Tech3
PRAMAC
Team CARDION AB
ASPAR

ライダーHP
青山博一ブログ
高橋裕紀ブログ
富沢祥也ブログ
小山知良ブログ

ヤマハ



カテゴリー


Yahooニュース


真・女神転生

 女神転IMAGINEはしてません。